こんなものもある!【ジャンル別】おすすめ青汁一覧

ジャンル別青汁一覧

ジャンル別の青汁一覧を紹介します。

ダイエットや便秘などの目的別青汁や、粒タイプやゼリータイプなど青汁など、いろんなジャンルで青汁をチェックできるようにまとめました。

ジャンル別青汁一覧

▶︎はじめての人におすすめの青汁 (管理人イチオシ!)

▶︎便秘におすすめの青汁

▶︎ダイエットにおすすめの青汁

▶︎冷え性におすすめの青汁

▶︎オーガニックでおすすめの青汁

▶︎咳に悩んでいる人におすすめの青汁(最近話題!)

▶︎認知症の予防におすすめの青汁

▶︎野菜嫌いの子供におすすめの青汁

▶︎飲み会に使えるおすすめの青汁

▶︎妊婦におすすめの青汁

▶︎不妊治療におすすめの青汁

わたし
ジャンル別の青汁を紹介していますが、こんなにもたくさんの青汁があります。

最近は、『咳に悩んでいる人におすすめの青汁』が当サイトでは注目されています。

ぜひチェックしてみてください。

飲みやすさ別青汁一覧

▶︎粒タイプの青汁

▶︎ゼリータイプの青汁

▶︎フルーツタイプの青汁

わたし
ほとんどの青汁は、水に溶けやすい粉末タイプの青汁ですが、粒タイプやゼリータイプの青汁も人気です。

サプリメント感覚で、いつでもどこでも青汁を摂取できるので、忙しいビジネスマンの方に人気です。

原材料別青汁一覧

▶︎ケールを主原料とする青汁

▶︎明日葉を主原料とする青汁

▶︎桑の葉を主原料とする青汁

▶︎大麦若葉を主原料とする青汁

▶︎長命草を原料とする青汁

▶︎ブロッコリーを主原料とする青汁

▶︎ミドリムシを原料とする青汁

▶︎モリンガを原料とする青汁

▶︎モロヘイヤを原料とする青汁

▶︎乳酸菌が入っている青汁

▶︎葉酸が入っている青汁

▶︎シトルリンが入っている青汁

▶︎スーパーフードのスピルリナが入っている青汁

※この表は横にスライドします。

原料明日葉大麦若葉ケール桑の葉熊笹ブロッコリーモロヘイヤモリンガ長命草緑茶・ほうじ茶
イメージ明日葉大麦若葉ケール桑の葉熊笹ブロッコリーモロヘイヤモリンガ長命草ほうじ茶
飲みやすさ
栄養比較
特徴芽を摘み取っても明日には新しい芽を出すと言われるぐらい強い生命力が名前の由来の野菜です。食物繊維、ビタミンE、ミネラルを豊富に含んでいて、カルコンという成分はがとても注目されている成分です。
抹茶のような香ばしい風味は特徴で、食物繊維や鉄分、ビタミンCが豊富な青葉です。青汁の飲みにくさをほとんど感じさせないので、最近の青汁の主原料に採用される事が多くなっています。野菜の王様とも呼ばれ、摂取しにくいβカロテンが豊富に含まれています。またビタミンやミネラルや食物繊維なども豊富に含まれているので、まさしく万能な野菜です。ただし独特な青臭さがネックです。桑の葉には、血糖値の上昇を抑えてくれると注目される成分DNJ(デオキシノジリマイシン)が含まれています。美容やダイエットに効果があるといわれているので女性に注目されています。冬でも枯れず、生命力が強いといわれ、中国では漢方としても使われています。カロテンやビタミンEが豊富ですが、特に食物繊維が非常に含まれているので、注目されています。ビタミンCやカロテンなど豊富に含まれていて、食卓でも食べやすい野菜として人気です。
甘みがあるので青汁としては飲みやすいのが特徴です。
夏に採れる青草でカルシウムやカロテン、ビタミンEやビタミンKが豊富に含まれています。
刻むとヌメリがあるので、ネバネバする草としても認知されています。
栄養価の高い植物として飢餓に苦しむ人を救っており、『奇跡の木』や『森のミルク』といわれています。
特にアミノ酸、ポリフェノール、鉄分、食物繊維が豊富です。
『1株食べると1日長生きする』といわれるぐらい、栄養価が高い植物です。
カロテンやミネラルが豊富で、特にポリフェノールが多く含まれており、高血圧の予防などアンチエイジングにおすすめです。
日本人にはなじみのあるお茶で、カテキンやポリフェノールが豊富に含まれています。
独特な旨みと、苦味や渋味をもつのが特徴です。
オススメ度
わたし
青汁を選ぶ人は、原料にもこだわる人が増えてきています。

以前は、『青汁はマズイ』というイメージが定着した『ケールを主原料とする青汁』ばかりでしたが、いまでは、長命草ミドリムシなどを原料にした青汁など種類はさまざまです。

当サイトでまとめていますので、ぜひ気になったものをチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です